So-net無料ブログ作成

野田佳彦が首相だったという事実に今更ながらゾッとする| 御伽噺の世界に生きているのかしら? [日本経済]

西日本新聞という新聞に、野田前首相の発言が掲載されていました。ちょっと引用してみましょう。
民主党の野田佳彦前首相は8日、福岡市で講演し、消費税増税をめぐる安倍政権の対応を批判した。増税を先送りすれば金利が上昇し、国債の利払い増加で財政は破綻するとした上で「社会保障に充てる増税の決断が、振り出しに戻ってはならない」と述べた。 ■ 野田前首相、政権の対応批判 消費税増税をめぐり

率直に言って、こんなデタラメなことを発言できる政治センスに閉口してしまいます。こんな人が日本の首相だったんですね。しかも、その前の2人に比べれば、だいぶマシだと思われいたのです。
今更ながら、すごい時代だったのだなあと思います。

増税を先送りすれば金利が上昇する?


本当によくわからないのですが、増税賛成の人に言わせると、増税を先送りすると金利が上昇するらしいです。でも、これまで増税をしなかった期間に、長期金利が上がったなんて話は全く聞きませんでしたよね。むしろ、長期的なトレンドとしては、下がっています。
016.jpg
ここまで起こらなかったことが、突然起こると考える理由は何なのでしょうか。それに関しては、全く説明がされていません。

しかも、現在増税延期を言っている人の中には、1年か2年待ってからなら税率を上げるのはかまわないと考えている人が多いです。それでは駄目なのでしょうか。ここまで上がらなかった金利が、ここ1年とか2年で急に上がると思っているのかなあ。不思議です。

ちなみにマーケットでは、消費税が延期されたからと言って、日本政府の信用問題が起こると考えている人はほとんどいません。これは、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と呼ばれる商品を見るとよくわかります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます