So-net無料ブログ作成

韓国軍って大丈夫なのかなあ?| 沈没した船の船長って、多分兵役を経験しているんだよね [韓国経済]

韓国で客船の転覆事故が起こりました。未だに情報が錯綜して、トラブル発生時の様子どころか、被害の詳細すらつかめていないようですね。若い犠牲者も多いようで、非常に痛ましい事故だと感じます。

ただ、個人的に興味を持ったのは、ちょっと違う部分です。客船の船長の行動が、あまりにも異常なことに興味を持ちました。沈んでいく船から、我先にと逃げたようなのです。 ((<韓国旅客船沈没>船長は生存…乗務員29人中17人が脱出(中央日報日本語版)2014年4月17日))

さらに酷いのが、当初は自分が船長であることを隠していたようなのです。 ((<韓国旅客船沈没>乗客より先に避難の船長、とりあえず紙幣乾かす 病院では「自分はただの船員」―中国報道(XINHUA.JP)2014年4月17日)) はっきり言って、こんな人が数百人が乗り込む船の船長なんて、ちょっと信じられません。

船長の行動を詳しく見てみましょう



この船長の行動を、もう少し詳しく見てみましょう。記事によると、この船長は我先に非難したという目撃情報があるそうです。

この船長をめぐっては木浦海洋警察庁が「救難信号を出した40分後の午前9時半ごろ、乗客を残して先に避難した」と明かした。一部の乗客も「船長が甲板で逃げるタイミングをうかがっていた」と証言している。


そもそも、この時点で、現場責任者としてありえない行動ですよね。しかも、繰り返しますが、数百人の命を預かる船の船長の行動なのです。

さらに驚いたことに、この船長は、当初は自分の身分を偽っていました。一船員だと嘘をついていたというのです。自己保身をはかったのでしょうか。

また、船長はわずかにかすり傷を負っただけで病院に運ばれ、治療を受けたという。この際、船長は身分を聞かれ、「自分はただの船員。何も知らない」と話した。


さらに、助かった後も、自分の事にしか感心が無かったようです。お札を乾かすという、緊急性が全く無いことをしていたのだとか。

さらに、「船長は助かった後、濡れたお札を乾かしていた」との目撃証言もある。


もちろん、この報道が全て真実ではない可能性も有ります。ただ、話半分だとしても、酷い話ですよね。この方が操船する船には乗りたいとは思えません。


軍人を経験しているはずですよね



韓国では徴兵制があります。ということは、この方も少なくとも1年間は兵役についていたのでしょう。

軍人としてのキャリアがあって、しかも大きな客船の船長を任されるような人が、先に逃げたわけです。しかも、責任回避をするような行動をとったと報じられています。

これに対する率直な感想は、「韓国軍って大丈夫なのか?」というものでした。この感じだと、軍隊で責任ある立場の人も、いざというときに逃げるのではないかと思ってしまったのです。

もちろん、この一例だけをもって結論付けてしまうのは、とても愚かなことです。単純に、本人の資質の問題かもしれませんから。ただ、今回の船長の行動が韓国人の国民性と関係するのなら、軍隊で同じようなことが起こっても不思議ではないとも感じました。

まあ、それ以前に、戦争など無いことに期待したいですけどね。色々と想像は膨らみます。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます